紀州大付属高校の軌跡

とある弱小高校の野球部が甲子園に出るまでの軌跡を記す。

はじめまして!

はじめに

どうも!紀州大学付属和歌山高校のブログページへようこそ!

この高校は、ゲーム「俺の甲子園」内に今年四月に設立されました。

ここでは弱小であるわが野球部が、甲子園に出るまでの軌跡をざっくりと説明しているものです。

わが校の野球部員と共に、甲子園を目指しませんか?

ざっくりと部員紹介

ベンチ入り(番号は背番号を表しています)

①南部昇太郎
②土屋一真
③関大介
④松原大暉
成田圭
⑥加藤魁人(副主将)
⑦小野寺大智
⑧瀬崎隆翔
⑨中山千裕
⑩佐藤嶺
⑪竹下直人
⑫吉岡佳成(主将)
⑬竹内健太
渡辺大
⑮大木唯人
⑯中井創平
⑰藤原滉斗
⑱北垣光

ベンチ外

田中裕貴

田中航

定例のスターティングメンバ―

1.関大介
2.小野寺大智
3.瀬崎隆翔
4.松原大暉
5.加藤魁人
6.土屋一真
7.中山千裕
8.(ピッチャー)
9.成田圭

役割(エース、首位打者は変色)

 

投手
南部昇太郎 竹下直人 藤原滉斗 北垣光 田中裕貴 佐藤嶺
野手
土屋一真 関大介 松原大暉 加藤魁人 小野寺大智 瀬崎隆翔 中山千裕 吉岡佳成 竹内健太 渡辺大翔 大木唯人 中井創平 田中航

コメント

特にコメントしたい選手が二人いる。投手、野手一人ずつ。
まず投手の竹下直人
スピードも速いわけでは無く、変化球もさほど変化しない。がしかし、コントロール、スタミナが良い。チームでノーヒットノーランを唯一達成した男である。
しかし調子の上がり下がりが激しい。最近付けたあだ名は「靴下」
これが「靴下」→「ハイソックス」→「竹下」となる。試合結果が良ければ一つ上がる。
最近はもっぱら靴下とハイソックスの間をさまよっている。

 

お次は首位打者松原大暉。まだ入部して一ヵ月もたっていないのに12本も本塁打を打ったスーパールーキーである。
この調子で頑張って欲しいものだ。

まとめ

紀州大付属高校について少しお分かりいただけたでしょうか。詳しい選手の能力については、試合結果の記事でちょくちょく話します。雑ですみません(笑)

部員はたったの20人しかいません( ;∀;)それでも、甲子園を目指し、頑張ります!!

実はこの高校、甲子園に出るだけではなく、なんと有志で集まった(にしては少ないですが)高校とペナントレースを9月7日から開始いたします!詳細は別記事にて。

今後とも応援していただけたら幸いです。

この記事をお読みになった貴方に、限りないご武運がありますよう。

 

2019年9月5日