紀州大付属高校の軌跡

とある弱小高校の野球部が甲子園に出るまでの軌跡を記す。

三戦目結果!!(短縮Ver.)

こんばんは!

三戦目の結果を短縮バージョンでお届けいたします!

 

第三戦:紀州大附属ー砂陽学園化荘

先攻:砂陽学園のスターティングメンバー

f:id:kisaragirei:20190916221358p:plain

投手:大崎→坂井

 

後攻:紀州大附属のスターティングメンバ―

f:id:kisaragirei:20190916221519p:plain

投手:佐藤→北垣

 

試合の流れ

現在ペナントレース最下位の砂陽がどこまで這いあがることができるのか、そして、紀州大は前試合と同じ投手陣で砂陽を突き放しにかかる。勝負の行方は果たして。

 

今回は短縮Ver.の為割愛。

 

試合結果

 

f:id:kisaragirei:20190916222154p:plain

勝ち投手:なし 負け投手:なし セーブ:なし

 

これに対して紀州大附属高校監督のコメント

 

監督 「ゲーム差は変わらないので良いが、もう少し打ってほしかった。何をしとるんだ。打ったのが松原だけとは情けない」

 

これに対して砂陽学園化荘高校監督のコメント

 

記者「あれ、監督さんは?」

坂井「帰りました」

 

ゲーム差

1位:紀州大     :0.0

         徳明館     :0.0

 2位:砂陽学園:2.0

 

次回試合は9月15日に行います。

徳明館付属ー紀州大附属

 

二戦目結果!!!!

皆さん、こんばんは!

二戦目の結果をお知らせいたします!

 

第二戦:砂陽学園化荘ー徳明館付属

 

先攻:徳明館付属 スターティングメンバー

f:id:kisaragirei:20190908222741p:plain

 

投手:菅野→中野

 

後攻:砂陽学園化荘高校 スターティングメンバー

f:id:kisaragirei:20190908222906p:plain

 

投手:神田→前田→野田

 

 

試合の流れ

さて、始まりました二戦目。砂陽学園化荘は本日二試合目。疲労が心配されるがどう戦うのか。さらに、徳明館付属はいきなり150㎞/h右腕、菅野を出してきた。砂陽学園、どう攻略するか見ものだ。

 

 

 1回表

f:id:kisaragirei:20190908223826p:plain

 

一回の表、いきなり試合が動いた。佐藤楓が本多がヒットを打った後に2ベースヒットを打ったのだ。これで1点が入る。

更に守備のミスがあって佐藤楓が三塁へ。そして松藤がセンター前ヒットを放ちさらに1点が入る。

神田、最悪の立ち上がりである。

 

 

1回ウラの攻撃

 

しかし砂陽学園も黙ってやられているわけでは無い。

林が俊足を使い内野安打、そして盗塁をして2塁へと進む。

さすが機動力No.1のチーム。意地を見せた。

 

そして2番の鈴木がレフト前ヒット!!

 

1点を返す。鈴木は1塁まで進む。

 

そしてまた盗塁!!

 

 これで1アウト、ランナー2塁。

 まだやれる。

5番、増田。

 

 

 

 

 

 

 

 

カキーン!

 

 

 

 

 

ヒットを放ち、同点に追いついた。

 

 

 

f:id:kisaragirei:20190908224051p:plain

 

意地を見せた砂陽学園。

ここで泥沼の打ち合いになると思われたが、意外にも4回まで試合は膠着状態になる。

 

5回表

5回表、試合が動いた。

松藤が3ベースヒットを放ち、一気に3塁へ。

そして中井が2ベースヒットを放ち1点追加。

そして、守備がエラーを起こした。これで2アウトランナー1,3塁。

 

ここで本多が2ベースヒット!!!

 

仲井と亀山がホームに帰って2点が追加された。

 

f:id:kisaragirei:20190908225859p:plain

 

そして砂陽学園は6回表にやむなく神田を降板。

リリーフには一回戦に登板した、前田が入った。

 

 

6回、両者とも得点無し。

 

 

7回表、砂陽学園は前田の代わりに様々な変化球を持つ技巧派、野田を抑えとして登板させる。

 

 

7回裏、徳明館は、これまで踏ん張ってきた菅野が降板。6回2失点4奪三振被安打4、自責点は2だった。

代わりに140km/hを超える速球とよく切れるスライダーを持つ中野がリリーフに上がる。

 

 

そして、9回裏に砂陽学園がエラーにより1点を得点し、試合が終わった。

 

試合結果

 

f:id:kisaragirei:20190908230820p:plain

勝ち投手:菅野   負け投手:神田   セーブ:中野

 

 

これに対して砂陽学園化荘高校の監督のコメント

 

記者「あれ?監督さんは?」

神田「帰りました」

 

徳明館付属高校監督のコメント

 

記者「あれ?監督さんは?」

菅野「帰りました」

 

紀州大付属高校監督のコメント

 

監督「菅野君が恐ろしかったですね。でも砂陽学園もよく頑張った。あの足の速さはいずれにせよ脅威だ」

 

ゲーム差

 

一位:紀州大      : 0.0

   徳明館      : 0.0

二位:砂陽学園  : 2.0

 

次回試合は9月11日に行います。

紀州大付属和歌山ー砂陽学園化荘

 

ペナントレース第一戦目結果!!!

皆さん、こんばんは!

今日からスタートいたしましたペナントレース、第一戦が終了いたしました!

結果をご報告いたします。

 

第一戦:紀州大付属和歌山ー砂陽学園化荘

 

先攻:砂陽学園化荘 スターティングメンバー

f:id:kisaragirei:20190908204716p:plain

 

投手:矢野→前田

 

 

後攻:紀州大付属和歌山 スターティングメンバー

f:id:kisaragirei:20190908204426p:plain

 

投手:北垣→佐藤

 

試合の流れ

さて、始まりましたペナントレース一戦目。先発は北垣。相手の先発はエースの矢野。

練習試合初登板の北垣がどこまで抑えられるのかが注目だ。

 

 

1回

f:id:kisaragirei:20190908212927p:plain

 

いきなりヒットを打たれたものの、盗塁を見事に阻止して、無事乗り切った。良い。

そしてそのウラ、ノーアウト満塁で瀬崎が二塁打

一気に二点を取る。なおもランナーを三塁に置き、成田がタイムリーを放つ!

一点を追加する。

 

3回

 

 

f:id:kisaragirei:20190908213035p:plain

 

相手エースの矢野選手の制球が定まらない。さらにフィルダースチョイスにより、満塁となる。

相手の押し出しがあってさらに1点を追加し、なおも満塁で関が2ベースヒットを打ち、三点追加!

ここでピッチャー交代。出てきたのは右腕投手の前田選手。抑えることができるか。

しかし土屋がレフト前に快音を響かせ、二塁にいた俊足の関が一気にホームへと滑り込んだ。土屋は一塁でストップ。これでこの回5点目。

そして小野寺がフォアボールを選んだ。これでランナーは1,2塁。

ここで4番の松原!!

三打席目の打席に立つ。1打席はライナー。2打席目はヒット。さあ三打席目は…

 

 

カキーン。

 

 

放ったのは3ランホームラン!!!!!!!

 

素晴らしい。よくやった!松原屋!!!(語彙力)

 

そしてしばらく両チームは膠着状態になる。

そして6回表。ここで頑張ってきた初登板の北垣が降板。

経験のある技巧派、佐藤がマウンドに上がる。

北垣は5回無失点5奪三振被安打1と好投していた。よくやった!

次に試合が動いたのは七回の裏。

 

f:id:kisaragirei:20190908215342p:plain

 

五番打者の加藤のソロホームラン!!!!

 

確か加藤は、ミート力はあるが長打力はそこまでなかったはず。

よく頑張ったな。

 

そして砂陽学園謎の守備位置交代。

 

f:id:kisaragirei:20190908215926p:plain

 

大田原選手は確か遊撃手だったはず。

その後、8回に紀州大がまた1点を追加し、試合が終了した。

 

試合結果

 

f:id:kisaragirei:20190908220527p:plain

勝ち投手:北垣   負け投手:矢野   セーブ:佐藤

 

 

 

これに対して砂陽学園化荘高校の監督さんのコメント

 

監督「えーー、とりあえず、その、試合、ありがとう、ございま、し、た」

 

紀州大付属和歌山高校の監督のコメント

 

監督「上々の滑り出しなので、頑張りたいです。初めての北垣が良くやってくれました。松原も最高です。そして何よりエラーがないのが良いですね」

 

ベンチにいた数少ない上級生の一人、竹下選手のコメント

 

靴下「勝ってよかったです。僕も下級生に負けないよう頑張ります」

 

 

ゲーム差

一位:紀州大 :0.0

二位:徳明館 :0.0

三位:砂陽学園:1.0

 

 

二戦目は本日に行います。

 

 

 

お知らせ

皆さま、残念なお知らせがございます。

本日行われる予定でありましたペナントレースの試合でございますが、本校の事情により明日に延期されることとなりました。

つきましては、明日9月8日、一日に2試合を行う予定であります。

報告が遅れて誠に申し訳ございませんでした。

今後とも、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

─────その頃紀州大付属では────

 

監督「おい。今日の試合は延期だぞ」

選手一同「えええええええ!」

監督「今日も練習だ」

選手一同「やったぜ!(やる気でないなぁ…)」

監督「ああそれと、明日の投手先発決めておきたいからよ、投手全員来い」

 

 

 

 

 

─────バックネット裏─────

 

監督「明日の先発は誰にすれば、てかオイ。一人足りねーぞ。田中どこ行った」

南部「胃腸炎で帰りました」

監督「‥‥まあいい。それより、明日の先発したい奴は名乗り出ろ」

南部「竹下先輩がいいと思います」

監督「推薦かよ。何ともガッツのない奴だな。お前はどうなんだ」

佐藤「靴下先輩がいいと思います」

北垣「いやいや、ハイソックス先輩だって」

藤原「靴下先輩でよくね?」

竹下お、お前らぶっ飛ばす‥‥!

監督「‥‥‥‥‥‥」

 

 2019年9月7日

ペナントレース詳細!

ペナントレース

参加チーム

  • 紀州大付属和歌山
  • 砂陽学園化荘
  • 徳明館大學付属

以上三チームである

ルール

全24試合。9~10月の二か月をかけて戦う。そして、上位二チームが11月初旬の最終戦に参加できる。

終戦は3日連続で行われるものとする。

どちらかが試合に参加しなかった場合、参加した側の不戦勝となる。また、引き分けの場合再試合は行わない。

その他ルールは一般のものに合わせることとする。

参加チーム詳細

紀州大付属については既知として取り扱わない。

砂陽学園化荘

紹介文

砂陽株式会社が運営する高校の一つ。監督の苫杜佐羅汰(とまとさらだ)はエリート経済学博士。どんな金欠にも対応できる。練習の「補食」では三つ星シェフのレタス、キャベツの料理が出される。化荘市は人口1000万人。条例により、この都市にある施設に対する課金は禁じられている。北は豊かな山脈、西と南は美しい海、東は夥しい数のデモ隊に囲まれている。日本の首都、東京に取って代わる都市になるべく、市長の陰謀は続く。

ベンチ入りメンバー(背番号は関係ない)

f:id:kisaragirei:20190906204002p:plain

f:id:kisaragirei:20190906204344p:plain

投手: 矢野遼河、神田陽介、大崎隆太、前田一毅、野田朋也、坂井太郎

チームの特色

足が非常に速い選手が多い。さらに高橋選手のように長打力がある選手もいれば、水谷選手のように守備が上手い選手もおり、足を絡めた攻撃は非常に厄介。切り込み隊長、鈴木選手林選手の盗塁には要注意である。さらに鈴木選手はランニングホームランを二本放っているというのだから、その機動力は到底侮れないものがある。

チームのリンク

orekou.net

徳明館付属

紹介文

千葉県にある徳明館星翔学院高校の分校です。無課金です。 

ベンチ入りメンバー(背番号は関係ない)

f:id:kisaragirei:20190906205926p:plain

f:id:kisaragirei:20190906205947p:plain

投手: 菅野佳大、簗瀬舜太、中野龍人、後藤祐希

 チームの特色

少数精鋭のチームである。が、恐ろしいほどのポテンシャルを秘めたチームである。成長すると150㎞を超える速球と恐ろしく曲がるフォークを持つ投手である、菅野選手をはじめ、速球のみならず、技巧派も兼ね備えた豊富な投手陣は脅威でしかない。走攻守安定した選手が多く、あまりスキがない。この人数ながら優勝したとしてもおかしくはない。

このチームのリンク

orekou.net

総括

このような感じでペナントレースが始まります!!

どこのチームを応援しようかな、と考えてみたら面白いですね!

コメント欄に書いていただけたら幸いです。

どのチームもいろんな色があって、どこが勝ってもおかしくありません。試合結果は逐一、簡潔に、かつ迅速にお知らせいたしますので、また覗いてみてください(*‘ω‘ *)

この記事をお読みいただいた貴方に、限りないご武運がありますよう。

 2019年9月6日

試合日程

9.8  紀州大付属砂陽学園化荘

9.8     砂陽学園化荘徳明館付属

9.11 紀州大付属砂陽学園化荘

9.15 徳明館付属紀州大付属

9.16 砂陽学園化荘徳明館付属

9.17 紀州大付属砂陽学園化荘

9.21 紀州大付属砂陽学園化荘

9.22 徳明館付属紀州大付属

9.23 砂陽学園化荘徳明館付属

9.26 紀州大付属砂陽学園化荘

9.28 徳明館付属紀州大付属

9.29  砂陽学園化荘徳明館付属

10.1 紀州大付属砂陽学園化荘

10.5 砂陽学園化荘徳明館付属

10.6 徳明館付属紀州大付属

10.9 紀州大付属砂陽学園化荘

10.12 砂陽学園化荘徳明館付属

10.13 徳明館付属紀州大付属

10.14 紀州大付属砂陽学園化荘

10.17 徳明館付属紀州大付属

10.20 砂陽学園化荘徳明館付属

10.22 徳明館付属紀州大付属

10.26 徳明館付属紀州大付属

10.27 砂陽学園化荘徳明館付属

11.2 最終戦

11.3 最終戦

11.4 最終戦

 

※目がチカチカして見にくい、という場合は気兼ねなくコメント欄までお願いします。

このゲームが気になった方はこちらへ

orekou.net

はじめまして!

はじめに

どうも!紀州大学付属和歌山高校のブログページへようこそ!

この高校は、ゲーム「俺の甲子園」内に今年四月に設立されました。

ここでは弱小であるわが野球部が、甲子園に出るまでの軌跡をざっくりと説明しているものです。

わが校の野球部員と共に、甲子園を目指しませんか?

ざっくりと部員紹介

ベンチ入り(番号は背番号を表しています)

①南部昇太郎
②土屋一真
③関大介
④松原大暉
成田圭
⑥加藤魁人(副主将)
⑦小野寺大智
⑧瀬崎隆翔
⑨中山千裕
⑩佐藤嶺
⑪竹下直人
⑫吉岡佳成(主将)
⑬竹内健太
渡辺大
⑮大木唯人
⑯中井創平
⑰藤原滉斗
⑱北垣光

ベンチ外

田中裕貴

田中航

定例のスターティングメンバ―

1.関大介
2.小野寺大智
3.瀬崎隆翔
4.松原大暉
5.加藤魁人
6.土屋一真
7.中山千裕
8.(ピッチャー)
9.成田圭

役割(エース、首位打者は変色)

 

投手
南部昇太郎 竹下直人 藤原滉斗 北垣光 田中裕貴 佐藤嶺
野手
土屋一真 関大介 松原大暉 加藤魁人 小野寺大智 瀬崎隆翔 中山千裕 吉岡佳成 竹内健太 渡辺大翔 大木唯人 中井創平 田中航

コメント

特にコメントしたい選手が二人いる。投手、野手一人ずつ。
まず投手の竹下直人
スピードも速いわけでは無く、変化球もさほど変化しない。がしかし、コントロール、スタミナが良い。チームでノーヒットノーランを唯一達成した男である。
しかし調子の上がり下がりが激しい。最近付けたあだ名は「靴下」
これが「靴下」→「ハイソックス」→「竹下」となる。試合結果が良ければ一つ上がる。
最近はもっぱら靴下とハイソックスの間をさまよっている。

 

お次は首位打者松原大暉。まだ入部して一ヵ月もたっていないのに12本も本塁打を打ったスーパールーキーである。
この調子で頑張って欲しいものだ。

まとめ

紀州大付属高校について少しお分かりいただけたでしょうか。詳しい選手の能力については、試合結果の記事でちょくちょく話します。雑ですみません(笑)

部員はたったの20人しかいません( ;∀;)それでも、甲子園を目指し、頑張ります!!

実はこの高校、甲子園に出るだけではなく、なんと有志で集まった(にしては少ないですが)高校とペナントレースを9月7日から開始いたします!詳細は別記事にて。

今後とも応援していただけたら幸いです。

この記事をお読みになった貴方に、限りないご武運がありますよう。

 

2019年9月5日